ミステリー・ホラー

「鳥籠ノ番」2巻のあらすじとネタバレ!感想や無料試し読みも有り

鳥籠ノ番2巻

サスペンスの見所の一つに登場人物のキャラ設定があります。このキャラ設定が面白くするのもしないのもあります。そして事件の解決に向けて新しい人物が違った風を入れる事で停滞しがちなストーリーを見せてくれます。

 

さてこの「鳥籠ノ番」も1巻で大まかな説明をされた事で流れが定着した中での次の展開へと向けた流れが見えてきます。

 

「最新刊や好きな漫画を無料で読みたい」という方はこちらもあわせてどうぞ。

 

好きなマンガや最新刊を丸ごと一巻無料で読む方法

 

スポンサーリンク


『鳥籠ノ番』の無料試し読みはこちらから

以下ネタバレが含まれますので、先に漫画の無料試し読みをオススメします。検索窓から『鳥籠ノ番』と検索すると、無料試し読みができます。

 

『鳥籠ノ番』を無料で試し読み|eBookJapan

 

eBookJapanは、マンガや小説・雑誌など国内最大級を誇る品揃えの電子書籍ストアです。

「鳥籠ノ番」2巻あらすじ

「鳥籠城」に閉じ込められた6人(実際は8人?)。ゲームは非常にも続きます。そして鷹原の裏切りがあり落込む鵜川。仕方なく上と下に分かれてゲームを進める黒辺達。すると突然の鵜川が大きな声を出します。

 

そこには二人の人物がいました。同じ学校の郭公晴と桃洲百でした。二人は噂を聞きつけ先に入り閉じ込められていました。郭はクールなインテリで百は彼の彼女で少し天然っぽい感じです。

 

この二人を加えゲームは再開する矢先に郭が「僕たちは何らかの理由で恨まれている」とみんなが集められた理由の確信をつくような言葉を発します。そして次のゲームは鳥の置物が「英雄を選べ」と話しかけます。これは有名な真実の口の伝説をなぞったものです。

 

郭と雪の対立の構図が流れる中でこの難しいゲームに挑戦します。

 

新たな登場人物が出て混迷をきたす

ネタバレです。黒辺と鷹原は上の方にいます。新しい登場人物郭と百。この郭と雪は今後対立の構図を続ける事になります。まず一つ目はメールで初めに呼び出された6人の謎です。「僕たちは何らかの理由で恨まれている」と話す郭に雪は確信をつかれたかのように反発します。

 

そして次のゲーム「英雄を選べ」と話す鳥の置物は「真実の英雄は清き賢者 偽りの英雄は心醜き愚者」と続けます。そう今回の選択は道でなく人なのです。もし手を口に入れ判断を間違うと手首を切り落とされる可能性がある。ここで郭と雪の対立が再燃します。

 

責任をとりたがらない郭にいらつく雪。誰が手を入れるかで揉める4人。もし手を入れ失敗すると「死」を意味します。郭はどっちでもいいと冷静に言い放ち、雪は自分がと言う。鵜川が意を決し手を入れた際に全てに気付いた雪が止める。

 

そして雪は郭を問い詰める。「彼の口から聞くべきじゃないかしら?」。郭には全てが分かっていたのです。皆が鳥と思っていたのはグリフィンという伝説の生物。実は鳥でない事に気付くかどうかを判断させていたのです。その後歩を進めると巨大な図書館が現れます。

 

そしてまた鳥は話します。「産み落とされたそこは闇だった」と。多くの本の中から雪は「梟の仔」を取り出します。そして郭のクールな佇まいに自分への気持ちに不安を覚えた百は階段の端に立ち、郭の手を握り手を放すと落ちて死ぬと叫びます。その上であなたの責任で放してと叫びます。百は郭を試したのです。しかし郭は裏切るようにその手を放し百は階段を転げ落ち死んでしまいます。

 

憤り郭を殴る雪。しかしパートナーを失った郭には警告音が鳴り続けます。雪は鵜川と郭を繋ぎます。今度は雪の危機です。首輪を繋ぎ直しながら時間稼ぎをしていたのですが、そこに黒辺達が入ってきます。そこには死んだと思われた雀野がいました。

 

安心するも束の間、郭は梟の人の正体を白鷺雲と断定します。なぜなら前の部屋での梟の仔は雲の大好きな本だったのです。そして黒辺と雲の関係性もここで明らかになります。実は二人は付き合っていて黒辺は彼女を探す為に自らここに来た事も分かります。黒辺と雪は郭の推理を否定するも真相はまだ分かりません。

 

感想

今回は新しい登場人物郭の推理が冴えます。ちょっとクール過ぎて冷酷さを感じるような佇まいは皆の反発を買います。しかしその深い読みは感服せざるを得ません。雪と推理面も含めて対立を深める事も今回の話の柱となっています。

 

またもう一つの柱は郭と百が付き合ったきっかけや雲と黒辺の関係性がサイドストーリー的に描かれています。これも今後物語の中で重要な部分を占めていきそうです。

 

そしてもう一つ梟の人の正体へ初めて具体的に触れていきます。郭の推理には納得出来る部分もありもしかして感もあります。しかし当然黒辺と雪は反発します。今後はゲームを進める中で正体探しが軸となっていくようです。

 

相変わらず丁寧な描写とサスペンス系特有の緊迫した表情もいいです。安定した画力と各キャラの役割が明確になってきて物語に入り込みやすくなっています。ページ数が多いのですが一気に読めます。

 

関連記事:「鳥籠ノ番」3巻のあらすじとネタバレ!感想や無料試し読みも有り

 

 

『鳥籠ノ番』を無料で試し読み|eBookJapan

 

検索窓から『鳥籠ノ番』と検索すると、無料試し読みができます。eBookJapanは、マンガや小説・雑誌など国内最大級を誇る品揃えの電子書籍ストアです。

 


スポンサーリンク



関連記事

  1. %e5%83%95%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%e8%a1%97%ef%bc%91%e5%b7%bb 漫画「僕だけがいない街」1巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し…
  2. %e4%ba%ba%e7%8b%bc%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a01%e5%b7%bb 漫画「人狼ゲーム」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも
  3. %e4%bf%ba%e3%81%8c%e7%ab%a5%e8%b2%9e%e3%82%92%e6%8d%a8%e3%81%a6%e3%81%9f%e3%82%89%e6%ad%bb%e3%81%ac%e4%bb%b6%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a61%e5%b7%bb 「俺が童貞を捨てたら死ぬ件について」1巻のネタバレと感想!あらす…
  4. トモダチゲーム 1巻 「トモダチゲーム」1巻のネタバレと試し読み!zip/rarの無料…
  5. %e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%a0%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%ab1%e5%b7%bb 「ヴァムピール」1巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも
  6. 白暮のクロニクル1巻 「白暮のクロニクル」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも
  7. %e9%ad%94%e6%b3%95%e5%b0%91%e5%a5%b3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%881%e5%b7%bb 「魔法少女サイト」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも
  8. 鳥籠ノ番1巻 「鳥籠ノ番」1巻のあらすじとネタバレ!感想や無料試し読みも有り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ビューンコミック 漫画も読み放題の「ビューン・コミック」は実際どうなの?口コミと評判まとめ

定額で雑誌やコミックが読み放題のアプリ、ビューンは、5000作品以上もコミックが読み放題で、マンガ好…

3月のライオン2巻 「3月のライオン」2巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも

独特のゆるやかさと優しさで進むストーリーと、厳しい将棋の世界のリアルな描写が魅力である「3月のライオ…

マンガボックス マンガアプリ「マンガボックス」ってどうなの?評判・口コミまとめ

マンガボックスとは、モバゲーなどを運営する株式会社ディー・エヌ・エーが配信するマンガアプリです。…

少年ラケット4巻 「少年ラケット」4巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも

新たなる敵を迎えるという事は成長への第一歩です。ライバルがその人を強くして新しい技術や成長が生まれて…

XOY 韓国Web漫画が面白い!漫画アプリ「XOY(ジョイ)」で読めるおすすめ漫画5選

以前の記事でもご紹介しましたが、韓国の企業NEVER社が提供する「XOY(ジョイ)」は、かなり満足度…

%e3%83%93%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%8d%e3%82%a2%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%ab1%e5%b7%bb 「ビリオネアガール」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも

お金があるということは素敵なことですが、人生はそれだけで幸せになれるものでしょうか?&nbs…

%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%93%e3%81%aa3%e5%b7%bb 漫画「ぴんとこな」3巻のネタバレと感想!あらすじと無料試し読みも

あやめから返ってくる反応が、少しだけ好感触になったことによって、恭之助は自信をつけます。頑張れば想い…

おすすめ記事

U-NEXT 好きなマンガや最新刊を丸ごと一巻無料で読む方法

マンガ一巻無料は、電子書籍サイトなどで良くあるサービスですが、1巻のみ無料など、物語はじめの巻に限ら…

最近の投稿

  1. 本
  2. XOY
  3. 電子書籍リーダー
  4. 男スマートフォン
  5. DMM電子書籍

アーカイブ

PAGE TOP