ヒューマンドラマ

「昭和元禄落語心中」2巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも

八雲と助六、二人の因縁は、八雲が先代の有楽亭八雲に弟子入りした事から始まりました。

 

八雲は、与太郎と小夏に、二人の過去と約束の噺を語り始めます。

 

「最新刊や好きな漫画を無料で読みたい」という方はこちらもあわせてどうぞ。

 

好きなマンガや最新刊を丸ごと一巻無料で読む方法

 

スポンサーリンク


「昭和元禄落語心中」2巻のあらすじ

与太郎は、八雲の独演会で、前座として出演出来ることになりましたが、落語はうまくいかず、おまけに居眠りをして客席まで届くような大イビキをかいてしまいます。

 

会を台無しにされた八雲は、与太郎に破門を言い渡します。門の前で泣いているところに、通りかかった小夏は、話をつけてくるよう与太郎を叱咤します。

 

謝罪する与太郎に、八雲は二ツ目(一人前とみなされる位)になるまで面倒をみるといい、八雲と助六の落語を叩き込むこと、落語の生き延びる道をつくること、自分より先に死なないことを約束させます。

 

そして八雲は与太郎と小夏に、自分と助六の過去を語り始めます。

 

八雲が噺家、先代の有楽亭八雲に弟子入りをした日、自分の脇を駆け抜けていく少年がいました。それが後の助六です。彼は捨て子で、寄席に通ううちに落語を覚えたという、たくましい子供でした。

 

芸者の家に生まれ、怪我をして踊れなくなったためツテで落語家になることになった八雲は、大人に言えなかった辛い事を全て助六に語っていました。

 

そして数年後、八雲は菊比古、助六は初太郎という名前をもらいます。

 

菊比古は、親の手前、昼間は学校に通わせてもらっており、昼は学校、夜は寄席という生活をおくっていました。そのため、一日中落語づけの初太郎との力量の差が辛くなっていました。そんな中、戦争はひどくなり、菊比古のまわりもどんどん疎開する者が出てきました。

 

また、戦争のため自粛する形で名作古典がいくつか禁演落語として演じられなくなってしまいました。幾人も兄弟子がやめていき、ついに弟子は菊比古と初太郎だけになってしまいます。

 

そして師匠の先代八雲は満州に皇軍慰問に行くことを決意、初太郎を同行させ、脚の悪い八雲は、おかみさんと田舎へ疎開するように言います。一度は反論した八雲でしたが、結局は師匠の決定に従います。

 

疎開先の田舎で工場勤めをし、穏やかな日々をおくっていた八雲でしたが、戦争が終わり、師匠達の帰りを待ちながら毎日忙しく座敷をこなしていました。そんなある日、前触れもなく師匠と初太郎は帰ってきます。

 

成人した二人は、二ツ目へと上がり、師匠の家を出て二人暮らしをはじめます。落語人気の追い風もあり、若手のスターダムに押し上げられていく二人ですが、そんな時、謎の女性みよ吉が現われます。

 

「昭和元禄落語心中」2巻のネタバレ

ネタバレです。二ツ目になった菊比古は、生活のためにボーイのバイトをはじめ、初太郎は助六の名前を継いで若手の一番の注目株になっています。助六の落語の巧さに菊比古は焦りを感じてしまいますが、師匠は菊比古を真面目すぎる、完璧なものに色気は差さねぇと教えます。

 

そして師匠は菊比古を遊びに連れ出し、助六もついてきます。そこに現われたのは、みよ吉という満州で知り合った師匠の愛人でした。

 

菊比古は、踊りを教えてくれとみよ吉に言われ、みよ吉の店でふたりは会うことになりました。そして、助六は二ツ目を集めて芝居をやろうと企画しはじめます。

 

みよ吉の店に行った菊比古は、真面目に踊りを教え、ねだられるままに三味線を弾けば、みよ吉は小唄を歌い出します。菊比古は他の男と違って自分をいやらしい目で見ないというみよ吉は、帰り際また来てねと菊比古にしなだれかかります。みよ吉を支える菊比古ですが、無言の彼の心中は――?

 

「昭和元禄落語心中」2巻の感想

今まで隠されてきた、助六と八雲の過去の因縁が八雲によって、語られ始めます。同日に先代有楽亭八雲に弟子入りした二人でしたが、ふたりは生い立ちも性格も、芸風まで全く正反対。

 

今でこそ落語界の重鎮としてあがめられている八雲ですが、若い頃は助六の方が天才肌で、八雲はそれを見上げる立場でした。

 

まだ夭折した助六の事件は語られていませんが、前巻の小夏の言動から予想されるこれからの二人を考えると、今巻の仲が良く、未来に希望を描いていた青年達の様子が切なくも感じられます。

 

これから二人に何が起こるのか? 助六と八雲、そしてみよ吉の関係は? これから起こるだろう破滅の予感を感じさせつつ、さらなる展開から目が離せません。


スポンサーリンク



関連記事

  1. 「あとかたの街」1巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも
  2. 「キャバママ」1巻のネタバレと感想!あらすじと無料試し読みも
  3. 「そこをなんとか」1巻を徹底ネタバレと感想!あらすじや試し読みも…
  4. 「この音とまれ」1巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも
  5. 「ホクサイと飯さえあれば」1巻のあらすじと感想!ネタバレや無料試…
  6. 「甘々と稲妻」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも有り
  7. 「昭和元禄落語心中」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも
  8. 「そこをなんとか」6巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

「鳥籠ノ番」2巻のあらすじとネタバレ!感想や無料試し読みも有り

サスペンスの見所の一つに登場人物のキャラ設定があります。このキャラ設定が面白くするのもしないのもあり…

「私たちには壁がある。」1巻の徹底ネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも

幼馴染と聞くとどのような事を思いますか。恋愛対象になりそうでならない微妙な距離感に戸惑いがありそうで…

「ファイアパンチ」1巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも

人は絶望の中で生きる事が出来るのでしょうか?絶望だけで希望も見えないそんな世界で生きる為には何が必要…

「風夏」2巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも

人は本気で物事をやると信じられない力や行動に出ます。それがどんな事であれ人が物事を叶えようとする力は…

「関根くんの恋」4巻のネタバレと感想!あらすじや試し読みも

大人になると、人は臆病になってしまうことがあります。傷つかないよう、自分の気持ちをセーブしてみたり、…

「暁のヨナ」1巻のネタバレと感想!あらすじや無料試し読みも

煌びやかで不自由のない生活を送る「お姫様」というのは、女性であれば誰しも一度は憧れたことがあるのでは…

「関根くんの恋」5巻の結末ネタバレと感想!あらすじや試し読みも

「関根くんの恋」最終巻、ついに関根とサラの恋に決着がつきます。大人だから…

おすすめ記事

好きなマンガや最新刊を丸ごと一巻無料で読む方法

マンガ一巻無料は、電子書籍サイトなどで良くあるサービスですが、1巻のみ無料など、物語はじめの巻に限ら…

最近の投稿

アーカイブ

PAGE TOP